2018年2月18日

もういい加減まとめとかんとな

家に帰るとオリンピックを見てしまうのでほったらかしだが、さすがに忘れちゃうので今週分まとめて。

京都造形美術大学卒業展・大学院修了展 @京都造形芸術大学
今回は頑張って舞台芸術と映画以外は一通り見に行ったのだが、さすがにたくさんあって大変。で、また新しい建物の工事をしてたので、さらに定員が増えるんだろうなあ。
展示内容は良かった(最近は造形大が一番面白い)し、ずっと学内でやっているので運営も手馴れたもの。学食も〇。ただ、案内図がわかりにくいのよね。誰の展示をどこでやってるかはわかるんだけど、この建物は何やってるのかがわからない。斜面に展開しているので上まで登るとそれだけで大変なのだが、どこで諦めて折り返すかの判断ができない。まあ、それが狙いなら仕方ないけどねえ。
カメラ持って行くのを忘れたのであまり紹介するものがないのですが、1点だけ、
檜皮一彦「hiwadrome」。これはもう圧倒的。作家さんの存在感もすごいし、先が楽しみ。
番外編。これは卒展展示作品じゃなく院生部屋に展示してあったんだけど(キャプションはないがたぶん吉澤祐樹)、実は一番好き。モノホンの展示作品も大好き。

松井沙都子個展 抽象住宅 ワンルーム
精華大学版画コース3回生木版ゼミ展 プラモクハン @ギャラリー恵風

京都精華大学展 2018卒業・修了発表展 @京都精華大学
精華も今年は学内展に統一。寒いのもあって映像とマンガ、ポピュラーカルチャーはパス。ここはおおむね陶芸と版画が好みなんだけど、版画は額装されてるので陶芸の写真を並べます。
まずは安心の大学院から、太田夏紀。
田井昭江
村田眞子
学部生から、瀧本亜佑真。
澤木美羽
これは卒展とは別にやってた展示から、北浦真保。
市美でやってた頃から精華は会場の設営がうまいなあと思ってたのですが、学内展になってもそのあたりは変わらず。あちこちでコーヒーを振る舞ってくれるのも助かる。
この日は(最初に書いたけど)雪が舞ってて屋外での展示は見てる方も厳しかった。まあ、お客さんはそれなりにいたからまだましでしたけど。

上田泰江展 コラージュ作品を中心に @蔵丘洞画廊
こないだの坂田さんの展覧会の話で終わってしまった。

林美玲版画展 Urban Gray
万人受けはあやしい 時代を戯画いた絵師、貝原浩 @ギャラリーヒルゲート
くるくる!やっほぅ‼ 8回転 @同時代ギャラリー
灯台のカード立てと小皿を買ったらカレンダーくれた。

部屋と宇宙と眠らない夜——1990年代前半を中心に
移動する物質——十字路としてのアフガニスタン @@KCUA
いいたてミュージアム 巡回展  @ギャラリーアーティスロング
朴 善化:想い @ギャラリーパルク
ヤングマンズ @Kara-S


2018年2月12日

やっぱり寒い

寒いし腰も痛いしでおとなしくオリンピック見てればいいのにやっぱり出かける。

嵯峨美術大学+大学院/嵯峨美術短期大学 制作展 @嵯峨美術大学
人数多いし制作展だから下級生の作品が多いし建物は迷路だし流し気味に回ったのだが、見るべきものもそれなりにあった。一つだけ紹介。
アンバー叙事詩の世界/洪亜沙
付属博物館の展示室を丸ごと使った展示。お約束なのでアンバー叙事詩の解説からアンバー研究の第一人者エヴァンスの生涯までを概説。
ふむふむ
できれば発掘地とか記載していただけるとうれしいけどね
でも、世界観にどっぷり浸れて幸せ。この場所を提供する学校側に感謝。

京都工芸繊維大学卒業・修了制作展 @京都文化博物館
作品は(見せ方も含め)思ったより良かった。でも、できたら受付のデザインをもう少し改善してもらえるとうれしい。

原菜央 陶展 @JARFO京・文博
京都伝統工芸大学校 卒業修了制作展 @京都伝統工芸館
さすがに技術的にはしっかりしていて楽しめます。まあ、そこから先が大変なんでしょうけど。

もう疲れたのでここまで。

2018年2月11日

また寒くなってきた

昨日は暖かい雨だったけど、雨上がりはやっぱり冬の寒さ。

京都市立芸術大学作品展 @元崇仁小学校
建築って模型見せられてもピンとこないからいつもはすっ飛ばすんだけど、現実に屋台村があるもんだからこれは楽しめました。あとは目玉?の不条理建築。ドローイングも模型もみんな楽しい。足を運んだ甲斐がありました。しかし、もう少し小学校使う専攻があってもいいと思うんだけど。

三人展「井手本貴子・小林紗世子・松平莉奈」画面に向かうなら @ポルタギャラリー華
日本霊異記楽しい。

豪商の蔵 美しい暮らしの遺産 @京都国立博物館
いろいろあるけど、やっぱり圧巻は漆の宴会セット。

平井明 陶展 記憶の層
横山工房展 鉄釉の世界 @京都陶磁器会館
S・ルウィット/R・マンゴールド ミニマルアート二人展 @ギャラリー白川
京都市立芸術大学作品展 @京都市美術館別館
贈りもの展 @ギャラリー恵風
立命館大学写真研究会 冬季学外展
胸キュン展 @同時代ギャラリー
野上徹展 森の系譜
西村七兵衛 陶展 @ギャラリーヒルゲート

明日は嵯峨美、かな。

2018年2月7日

京都市立芸術大学作品展

今年は改修工事のため市美本館が使えないので、各大学とも学内での展示となっている。のはいいのだが、会場の制約がないのでどこもほぼ同じ日程になってしまった。他にも用はあるしどう考えても無理だけど(いや、なにも頑張って卒展全部回らなくてもいいんだし、成安はたぶん無理だけど)、有給休暇も駆使してまずは京芸の学内展から。
とりあえず本部?前でお出迎えの北浦雄大「畏怖の現れ」。朝はカラーコーンで結界が張ってあったけど、あとで見たら結界はなくなってキャプションも置いてありました。
内海紗英子「ヴィア・アレルア復活譚」
前にも書いたけど、こういう参加型のものは好き。
これも参加型?、中平志穂「彼」。平日の朝で空いてたので思いっきりもふもふできました。
以前もネタに使ってしまった唐仁原さんだが、このファミコンは何の資料なんでしょう?
これは屋外の作品で(別の部屋で展示してあった同系統作品の)キャプションを撮り忘れたので作家名不詳。屋内で見たときは正直つまんなかったのでスルーしたのだが、屋外に置くと途端に映える。旧音楽高校まで会場化して得をしたクチ。
これも会場が多彩になって得をした?黒川岳「クロカワ・風・アニマルズ」。新研究棟屋上でのパフォーマンス。
うーん、動画がないとわけわかんないよね。もっとも、見てる側の環境によっても印象が変わるだろうから、、、そのうちだれかちゃんとレポートしてくれるんじゃないかな。
ちなみに、バックヤードはこんなになってます。
1、2回生の課題作品からも。天野靖史のおもちゃ。
塗森一輝「自切」
田中芙実の裸婦。こういうのが出てくると来年以降の愉しみが増えるよね。
石原理慧「集って、できていく」。こういうの好き。
(部分)
高瀬栞菜「おミカンさま」
(部分)
高橋菜摘「a moray eel」
毛利愛実子「まどろみの欠片」。空間の使い方が達者で世界観も好きなんだけど、やっぱり窮屈な印象で去年の方がよかった。美術館が使えなくなったことでこういうところにしわ寄せが来るのね。まあ、好きなんだったら個展に行けってことなんだろうけど。
平野舞佳「駅」
中川亮二「石に巡らす/Rolling stone」。これも動いてないとなんなんだかわかんないね。
小林椋「すいかテニスいかす」。これも動いてないと、、、
構想設計は写真撮っても、なんだけど、菊池和晃「アクション」。週末には実演もあるようです。
いつも使ってるスペースだけでは当然足りないので、各専攻のバックヤードにも多くの作品が展示されていました。で、そんなとこ入ったことないんだから仕方ないんだけど、作品より空間そのものが面白くってしょうがない。そりゃあプレス機は並んでるだろうし、
洗濯機は必需品だし、
暗室には流しがいるよねえ。
でも、一番の収穫は新研究棟の高層階からの展望。こんなとこがあったんだねえ。で、もうじき無くなっちゃうのか、、、皆様今のうちですぜ。作品展の時くらいしか勝手に入れないし。

結局昼飯抜きで6時間かかってしまい、岡崎に行くのは断念しました。それはそうと、皆さん山に登るときは携帯食と飲み物を持って行った方がいいですよ。沓掛を甘く見ちゃダメ。

2018年2月4日

立春

暦の上では、ってのはお約束だけど、今年はほんとに寒い。とりあえず明日の朝が心配。

共生の芸術祭 Hello World @イオンモール桂川
今回のお気には濱中徹。亀欲しい。

水木塁個展 都市のモザイク @ARTZONE
上田良・迎英里子二人展 コンパスのコンパス @MEDIA SHOP Gallery
迎さんの作品は毎回それなりに何やってるのかわかってたのですが、今回はさっぱりでした。まあいいんだけど。

第2回 現代の日本画—世代をつなぐ— @ギャラリーヒルゲート
ON AIR 京都精華大学イラスト学科アート&デザインクラス3年生展 @同時代ギャラリー
藤田美智 陶展 @うめぞの CAFE & GALLERY

別件でいろいろ動いてたので今日はここまで。

2018年2月3日

節分

週末と節分が重なってオフシーズンなら混むはずがないバスがめちゃ混み。後半は急ぎ足で回ることに。

共生の芸術祭 平野智之平野智之展 ぼくはふたりいるんだ @art space co-jin
東京の平野智之さんの「美保さん」シリーズは前にも見たことがあって、視覚的世界の認識のゆがみみたいなのが面白いなと面白いなと思うのだが、今回たまげたのは神戸の方の平野智之さん。
主戦場は「マンガ」なのだが、この「海外で売ってる日本語らしきものの書かれたTシャツ」みたいなせりふ回しに唖然。マンガ表現の約束はこんなにきちんと理解し作品化しているのに、どうしてこうなるのだろう。逆に言うと、どのようにして僕らは言語を理解しコミュニケーションをとるようになるのだろう。一方で、そんなことは抜きにして、この計算外のハチャメチャさにバカ受けしてしまう自分をどう評価したらいいのか。ほんとに困る。うーん。

共生の芸術祭 虹の上をとぶ船 八戸から届く版画の世界・坂本小九郎とこどもたち @京都府立文化芸術会館
これもまあとんでもない。昭和31年から八戸の中学校美術教師の坂本さんが授業の中で生徒に描かせてきた版画の展示。とんでもない労力をかけて世代を連ねながら作品を作っていくのだけど、受験戦争のなかで普通学級に居場所をなくし養護学級に移り、でもそれによって作品作りに十分な時間をかけられるようになり最後には2m×4mという大作を生み出していく。これもまたいろんなことを考えてしまいます。でも、そういったいきさつは抜きにしてこの「虹の上をとぶ船」はいい作品で、細部までほんとに見ていて飽きませんわ。

高柳むつみ展 Approaching Something Eternal @ギャラリー器館
フライヤーに使われている組みひもを使った作品や鮫肌の茶碗も良かったんだけど、(なぜか1点ものの)ちりれんげが気になり購入予約。

石橋志郎典「空間、光」
藤平三穂展 空模様 @ギャラリー恵風
かまくらが気に入ったんだけど、今日は既に1点買っちゃったので断念。

成安造形大学卒業制作展(イラストレーション領域) @京都市美術館別館
木下珠奈 Yard sale in the pot @KUNST ARZT
杉本準一郎彫刻展 @ギャラリーモーニング
森浩毅作品展 @ART FORUM JARFO
白子勝之展 @eN arts
橋本和明 彫刻 @祇をん小西

虹さんで作品(山宮隆/木製半加算器2017)を受け取る。最後の展覧会の作品の整理にやっとめどがついてきたので、そろそろ税金の計算を、とのことでした。パーティションの工事も始まってて、今後はストリートギャラリーっぽくなるみたい。
こないだのトロフィーも飾ってありました。

2018年2月2日

霧島神話の里公園

アートの森のカフェでカレー食べて宮崎空港に戻るのだが、さすがに時間が余る。かといってあまり遠くに行くのはまずいよなあ、、、ということでとりあえずノープランで霧島神宮方面に車を走らせる。道中も所々で湯気が立ってるし、南側の視界が開けると錦江湾と桜島。天気もいいし(気温は低いけど車の中にいるとヒーターいらずで換気のみ)、ご機嫌だねえ、と思ってたら「遊覧リフト」の看板が。まあ当てもないし行ってみるか、ということで駐車場に車を停め、500段強の階段を上ってリフトの乗り場へ。この時点ですでになかなかの眺望。
リフトでてっぺんへ。
天之逆鉾が刺さってます。ここで記念撮影をしろってことですね。近くには龍馬や西郷どんの顔出し看板もあって至れり尽くせり。
東側の眺望、右から高千穂峰、中岳、新燃岳。
南側。逆光だし冬で太陽が低いので写真に撮ろうとすると条件が厳しいのですが(紫外線フィルターなんてないしね)、桜島の左に開聞岳まで見えてます。すごいなあ。
さて、帰りはリフトで降りてもいいのですが、眺望は堪能したのでスライダーで降りることにしました。真ん中の青い奴です。当然ながら安全のため滑走中は撮影禁止なので(アクションカムがあればいいんだろうけど)画像はありませんが、さすがに楽しかった。もう一回登ろうかと思ったくらい。で、このスライダー、使用後にどうやって上まで運んでるかといえば、
リフトの背に積むようになってました。
よくできてるよなあ。
「動物村」のヤギさんウサギさんと遊んで旅程終了。帰りに山の中で事故現場に遭遇しましたが、ちょっとタイミングが遅れてたら事故渋滞で帰れないところでした。よかったよかった。