2018年5月19日

寒い

天気予報通りなのですが、昨夜の雨の後一気に冷えて、沓掛まで行くと寒くてねえ、、、

Re/place @京都市立芸術大学大ギャラリー
開催前から話題になっていた京大立看展。朝から出かけたのだけど、やたら取材陣が多い。いちいち聞いてないけど、印象としては、マスコミ>スタッフ>お客さん、でした。京芸田島先生のツイートによると無許可のゲリラ企画として始まったようだけど、取材は無難にこなしていたようなので、準備はきちんとできていたようです。看板はごたごたによると思われる損傷はあるものの総じてきれいでレベルも高い。
これはまあ、わざと混ぜてある「工作物」だと思うけど。
立看問題のキープレイヤーは大学じゃなく京都市だと思ってます。何とかいいところに落とせるといいんだけどねえ。

新収蔵品展 2017-2018 @京都市立芸術大学芸術資料館
若草展 それぞれの芽吹き @京都市立芸術大学小ギャラリー
これはもうけものでした。もちろん大画面になると粗も出てくるんだけど、やろうとしてることは面白い。来年を楽しみにしてます。

第24回 日本画 尖 @ウィングス京都
立地はいいしきれいで広くていいギャラリースペース、なんだけど、会場がきれいすぎるのか粗削りなところがなくなってるのが残念。

共関展
めいめい展 @同時代ギャラリー
清水祐貴子店展 Stage @ぎゃらりぃ西利
大平和正 楽空間祇をん小西の造化Ⅱ/風と光と水と @祇をん小西
大平和正 風還元/茶碗 茶碗は彫刻Ⅰ @ギャラリー白川
どちらもすごいんだけど、やっぱり小西さんのインスタレーションが印象的。外がやたらうるさいのも効果的だわ。

鈴木星亜 絵は私の身体を通して世界を見る @ギャラリー16
黒飛公博写真展 嵯峨面 民俗伝承への誘い @京都写真美術館
これがフライヤーのイメージとは大違い。嵯峨面が何もない空間に浮かんでいる。すごい。

堀奏太朗 個展 inside and outside the square frame @KUNST ARZT
第57回 日本現代工芸美術展 @京都市美術館別館
佐藤敏 陶展 儻徽
松生歩展 希求 @ギャラリー恵風
joyful @アートスペースMEISEI
西脇直毅 新作展 @ギャルリー宮脇
佐藤ゆき×ミズタニカエコ2人展 妙なる森 @ギャラリーI
フライヤー見てこれは行かねばと思ってたけど、日記検索すると二人とも見たことある、、、そりゃひっかかるか。佐藤さんの小品を購入。

のりもの集合 @ギャラリーえがく
給田麻那美展 知られざる、きゅうべぇの世界 @クサカベギャラリー
えがくさんで聞いて脚を伸ばしたけど、なかなかいいギャラリーでした(作品もね)。

2018年5月12日

助かった

好天の土曜日、なんだけど、昼間に祇園で火災があり一時交通規制されました。別方向に向かってたので助かったんだけど、突っ込んでたらえらいことになってたな。

ニューミューテーション 変・進・深化展 @京都芸術センター
ファイバーアートの7人
麻生喜美子レリーフ彫刻展 @京都文化博物館
目撃者・五大展 @JARFO 京・文博
kao展 LAST DECADE
堤麻乃写真展 Light Experiment @同時代ギャラリー
岩田百子展
村井敏邦展 洛西・桂 絵ッセイ @ギャラリーヒルゲート
group90/78/69 @ギャラリー揺
ミックスジュースの川 木村紀久雄 どんどんどんどんどんどんどんどん @ホホホ座
ホホホ座なんか面白いに決まっているのだが、これは頑張って行く価値あり。目移りするけど、シックなハガキ大のプリント作品(グッズ?)を購入。

廣田美乃展 @ギャラリーモーニング
アニメーションが良かった。

清水ナナ個展 meli melo @KUNST ARZT
矢崎千代二 世界漫遊の旅 @星野画廊
これが掘り出し物。最初のシタールの少女でもうメロメロ。

深田充夫展 黒の世界 @アートギャラリー博宝堂
上田良個展 A Magpie’s Nest @ギャラリー16
池大雅 天衣無縫の旅の画家 @京都国立博物館
河野愛 in the nursery 逸品ではないもの @ギャラリー崇仁
これが廃校にピッタリでまた越後妻有に行きたくなっちゃった(とりあえず予定は考えてますけどね)。京芸の染織出て電通のアートディレクター10年やって今は京造の先生、という経歴なのでポートフォリオも楽しい(いきなり電通時代の仕事が混じってくる)。で、話し込んでたお客さんがfollowしている京芸の学生さんなのがわかって耳ダンボですわ。そうか、あの縁のなかったポートフォリオは電通に行ってたのか(いや、その日の面接が電通だったかどうかは知らんけど)。

2018年5月6日

春のえんそく

今回は忙しい時期で参加者は4名。京都トレイル西山コースを歩く。他のコースに比べると距離も高低差も軽いので何とかなるかと思ってたし、実際何とかなったが、正直もう体力的にきついし、時間的にもぎりぎり。来年からどうしたものかねえ。
今回のコース図。清滝から苔寺を目指します。まずは愛宕山鉄道の話などしながらバスで清滝へ。標識No.1からのスタートでもいいのですが、せっかくなので金鈴橋の「北山No.94」標識からスタート。
渡猿橋のたもとから護岸に降り、蛍橋を渡ってすぐに右岸に。
時おり離れることはあるものの、清滝川沿いの道を保津峡方面に向かって歩いていきます。水はきれいだし、先日の雨で水量も多め。あちこち湧き水もあるようでした。この辺りはまだ天気も良かったのですこぶる快適。
落合でトレイルを外れトンネルを抜けると、
保津川。合流部分も見に行きましたが、きれいなものです。ただ、この後は六丁峠を抜けて鳥居本に向かうのですが、それなりにきついし舗装路で車は通るしピークでは嵐山高雄ドライブウェイの高架を潜るしで、あんまり楽しい道ではありません。
鳥居本は落ち着きます。中国人カップルが撮影大会をやってました。ただ、ここから松尾山の登山口までは観光地ど真ん中を突っ切るしかなく、連休中で人も多いしそんなに楽しくはないです。まあ、普段この辺りまで足を伸ばすのは花灯路の時だけだから、昼間の様子がわかって面白かったですけど。
天気が妖しくなってきたところで渡月橋を渡り物集女の旧街道に入ってすぐに登山口、なんですが、これは知ってないと気が付かないわ(あくまでも個人の体験です)。しかし、「ぬけ道」はないよなあ。山越えは1時間半だけど麓を普通に歩いたら30分少々だよ。
いや、これは間違えないだろ、と思うのですが、わざわざ書いてるんだからいろいろトラブルがあったんでしょうね。
傾斜もきついけど、道に笹の葉が降り積もっていて歩きにくいったらない。
上まで行くと展望が開けてきます。こちらは北側。正面に渡月橋、左にはモンキーパークが見えます。高低差がだいぶありますね。
こちらは東側。もう空模様がだいぶ怪しいので急ぎ足で苔寺に降りました。それでも(疲れてることもあって)2時間弱の山道。全体では(清滝から上桂までで)6時間弱。ただ、天気や疲労のせいもあるにせよ、楽しかったのは圧倒的に清滝から落合まで。あとはまあ一度歩いたらもういい。距離的なことも含め、軟弱者には高雄→清滝→落合→保津峡で電車に乗って帰る、というのがおすすめかな。

2018年5月5日

今日は大阪

太陽の塔からみんぱくへ―70年万博収集資料 @国立民族学博物館
大阪万博テーマ館(太陽の塔)の展示用に集められた資料と、収集団の足跡を探る、展示。まあ40年以上前の話だから生きてる人も少なく、研究として成立するレベルの話ではある。ただ、こちらとしてはその辺は重要ではなく、とにかくこの資料群、特に2階の仮面、彫像の展示に圧倒される。「イメージの力」もそうだったけど、これだけのものを(意図を持って)並べるだけで十分楽しい。また行きたい、けど、町内会の行事とかあって日程がなあ。

河野ルル個展 LULU @DMOARTS
GRAND ART FES @グランフロント大阪
さすがにパンフレットも出来上がってバンバン配ってた。ポン菓子機はカバーが取れてたし、真っ白だったベンツは色彩で溢れていた。でもまあ、2回目だとあまり驚きはないな。
せっかくなので別アングルの絵を載せておきます。ノースゲート7Fからの眺望。

Life with art!~アートのある生活~ @芝田町画廊
星野さんの作品は完売していた。結構なことです。

2018年5月4日

アトリエ村展

4日はいつも通り西山高原アトリエ村展へ。伯耆さんのカレーが営業中で(パフェまでいただいて)満足。柴田さんと伯耆さんでアウトレットのお皿を買ってあらぐさクッキー買ってライブの設営。今年は天候の関係もあり屋内のステージとなり、雨風や陽射し、毛虫に悩まされることもなく快適でした(雨音はうるさかったな)。イノブタがいないのは残念だけど、おでんとシュークリームをいただいて終了。で、帰りがけにもう一軒。

punto open studio 2018 @共同アトリエ punto
ここのメンバーはたいがい好きなのでほんと楽しい。気に入ったものには値札が付いてなかったりするけど、別に買い物に来てるわけじゃないから(しばらくは予算超過で自粛です)。そもそも一番ウケたのは国旗持ったムーミントロール だったりするしねえ。

2018年5月3日

今日は神戸

調達済みの阪急株主券の期限が切れそうだったので、まずは神戸へ。

小泉文夫とシルクロードの音楽展 @民音音楽博物館西日本館
企画展はツボで面白いわ常設の古典ピアノの演奏は楽しいわで気が付くと2時間。これでタダなのはすごい。のだが、行くまで気が付いてなかったけど、民音って池田大作先生だったんだねえ。そりゃあタダだわ。

小磯良平と吉原治良 @兵庫県立博物館
2人とも有名人だから結構見覚えがある作品が並んでいるんだけど、 年代別に並べてみると確かに同時代の作家なんだなあ。二人とも戦後の潮流に乗ろうとしていまいちうまくいかず戦前の芸風に戻ってしまうのが面白い。しかし、相変わらずジブリは人気ですなあ。

横尾忠則の冥土旅行 @横尾忠則現代美術館
うわーエレベーターガールじゃんと思ったら当然ながら横尾さんの方が古かった。

2018年4月29日

暑い

頑張って京都を回る。

堂本印象 創造への挑戦 @京都府立堂本印象美術館
リニューアルで壁がきれいに塗られた、のだが、ホワイトキューブを思わせるくっきりした白で、ちょっとこの建物には会わない気が、、、まあ、そのうち色あせてきてしっくりくるんでしょうが。作品展は〇。バス停が広く明るくなり、エントランスにカフェができ、庭園では野外彫刻展をやっている(写真手前はおなじみの恵方)。ハイシーズンでも大学が休みなら静かだし、いいとこです。

津森愛香展 @ギャラリー器館
以前から好きな作家さんですが、前はもう少しキモい方に寄ったキモかわいい作風だったのが、一気に3頭身のかわいい造形が出てきました。
これとか娘さんがモデルらしいので、そういった生活面の変化が大きいのかなあ。とすると、この作風は今回だけになるのかも。
お稲荷さんの額に載ってるのはマヨネーズだし、手にしているのは魚肉ソーセージ。上の写真の子供にもハエが止まってるし、妙なところがリアルなのが面白い。
やっぱり目は強烈。
で、部屋に入るなり目が合ったシーサーを予約してしまいました。このサイズのもの買ってしまってどうするんだろうねえ。箱ができてからの精算引き取りなのでゆっくり考えますけど。

齊藤文護 全国巡礼写真展 無 -むき- 器
REUNION2018 @同時代ギャラリー
安藤譲治 一枚の紙から生まれる動物達 @ギャラリーH2O
奥様の猫も良かったけど、これがまた、、、H2Oはエントランスも含めて使えるからインスタレーション向きだよねえ。

井上廣子展 無量光への旅 @ギャラリーヒルゲート
品川美香・檜皮一彦二人展 inner space colony @ARTZONE
國政 サトシ個展 外気
宮田 啓子展 ささやかな祈り @ギャラリー恵風
家族と写真 @KUNST ARZT
山本麻衣子個展2018 はるのうた @ギャラリーモーニング
京芸 transmit program 2018 @@KCUA
ミラクルZOO展 @ギャラリーミラクル
ずっとご飯茶碗を探してたんだけど、山口祥治さんの器を購入。これ、茶碗じゃないと思うんだけど、頑張ればなんとかなるよね。

明日は仕事です。

2018年4月28日

GRAND ART FES

大阪で所用があり、グランフロントに立ち寄る。5周年記念でヤノベさんの作品がたくさん並んでいるのだ。
これでまあだいたい納得するよね。風神雷神とサンチャイルドという取り合わせの三尊像。

青空にはほんと映えます。
猫ちゃんはまだ実物を見てなかったのでラッキー。ただ、もう少し大きいかと思ってた。
もちろんヤノベ以外の作品も出ています。
アトムカーもちょっとうれしい。
吹き抜けの目玉はキース・へリングだと思うんだけど、椿さんが喰っちゃってますね。
もちろん大きな作品以外にも笹岡さんの作品とかが出てたりするんですが、やっぱりここには大きな彫刻が似合うよねえ。
帰りがけにもう一度行ってみました。夕景もきれいです(たぶん夜景も)。

2018年4月22日

季節外れの

高気圧に覆われ土日ともやたら暑くなりました。京都は真夏日にこそならなかったのですが、急にこれやられるとさすがに困るよねえ。

江戸の戯画 @大阪市立美術館
部屋が混みあってるのは国芳金魚なんですが、なんといっても面白いのは序盤の 耳鳥斎。マンガ的表現として今でも通用するよねえ。

富田菜摘展 Long Long Time Ago @福住画廊
久しぶりに富田さんの生きものたちに会えて大満足。

Spring pop12 春画展2 @トランスポップギャラリー
安齋肇・しりあがり寿・安斎育郎 三人展 @JARFO京都画廊
自由美術協会京都作家展 @京都府立文化芸術会館
濱中徹展 道ばたで見つけたちいさないきもの @art space co-jin
2月にイオンモールで見た亀がいたので、思わず予約してしまいました。富田さんは置く場所がないから辛抱したんだけど、まあ、あれは仕方ないね。

自然を自然に @ギャラリーえがく
第9回藤村直樹記念 君こそは友 @拾得
今回お客さんも多いし出足も良かったんだけど、理由はよくわかりませんでした。

游宴家  奇想の造形作家による3人展 @ちいさいおうち
めっちゃ楽しいけど、もう片付け始めてたのであまり落ち着きませんでした。もっと早く行けばいいだけなんだけど。

マエストロ貴古作陶展 新世界への招待状 @大丸京都店
五代目が東京藝大に入学して家を出て行ったので寂しくて仕事にならん、のだそうな。ご飯茶碗は補充できず。 バッグと迷ったけどこいのぼりを購入。

藤平伸 後期  [ 陶・絵 ] @祇をん小西

さて、今回珍しく淀屋橋から出町柳まで京阪に乗ったので、せっかくだからプレミアムカーにしてみました。確かに広くて快適だけど、個人的にはこんなに座席広くなくていいからフットレストが欲しかった。それでもよく眠れましたが。まあ、コンセントとWi-Fiがあるのでパソコン仕事するなら500円は安いですね。

2018年4月15日

恒例の

毎年お約束の横浜遠征なのだが、なんとか時間を捻出して回遊。

第21回岡本太郎現代芸術賞展  @川崎市岡本太郎美術館
皆さんさすがに面白いのだが、個人的にはワタリドリ計画の「太郎賞作家の若木くるみを驚かそうと思って応募した」というくだりが〇。

アラビアの道-サウジアラビア王国の至宝
名作誕生-つながる日本美術 @東京国立博物館
いろんな切り口で日本美術を見せてくれて楽しいのだが、何といっても一番最後にある顔輝の寒山拾得図と岸田劉生の野童女の共演。麗子像の気持ち悪さって、これなの?

ポーラミュージアムアネックス展2018 イメージと投影 @ポーラミュージアムアネックス
ニッポン貝人列伝 -時代をつくった貝コレクション-
クリエイションの未来展 第15回 伊東豊雄展「聖地・大三島を護る=創る」
藤ノ木土平展 黙&吟 @INAXギャラリー
蓮沼執太: ~ ing @資生堂ギャラリー
これは良かった。お気に入りはスピーカーからの音で木の葉が揺れる作品。

2018年4月9日

宮古島 (5)

最終日はもう帰るだけなんですが、空港に向かう前に来間島へ。

バスの運ちゃんは「電気や水道を通すために橋を架けたんだけど、それだけじゃもったいないから車も通れるようにした」と言ってましたが、
実際にでっかい蓄電池とかあって、台風の時なんかでも宮古島より来間島の方が停電しにくいんだとか。
赤いバッタが乱舞してる、日もあるそうですがこの日はほとんど見かけず残念でした。
基本たいていのものは楽しんでしまう性分ですが、おまかせバス旅行も悪くないですね。勉強になりました。

2018年4月8日

急に寒くなるので大変だよね

土日分まとめて

明治150年 明治の日本画と工芸 @京都国立近代美術館
この頃の工芸作品なんか完全に海外向けで外人ウケの方がいいのはわかるが、(日本人が少ないので)場内が閑散としていて外国人率がやたら高いのにちょっとびっくり。

松永恵子展 IKIRU @ギャラリー唯
DANIEL KELLY Paintings & Prints @アートギャラリー博宝堂
ギャラリーが1階に変わっていた。そりゃあその方が通りがかりの人が入るだろうし、画材を買いに来た人は黙って2階に上がるだろうからいいんだけど、、、

金田金太郎 Ghostscape 逃亡する少年たちの観察抄 @KUNST ARZT
ここにも外国人(フランス?)の団体さんが来ていてちょっとびっくり。そうやってマーケットが拡大してくれるといいんだろうけど。

木代喜司展 @ギャラリーモーニング
相変わらず素晴らしいんだけど、この日は一人で回ってたので買い物はせず。

藤平伸 陶・絵 @祇をん小西
きょうと椅子 座って見つける木の椅子展
シマヅヨウ彫刻展京都 有
米本満穂×戸室ケイナ 孤独ナ群衆 @ギャラリーマロニエ
岡田多恵 ガラス展 @ギャラリーにしかわ
加藤力之輔展 創造という仕事
かずちこ初個展 名前のない少女たち @同時代ギャラリー
安藤ようこ個展 パラレルな世界 百のねことコラボレーション Vol.8 @ギャラリーH2O
ギャラリーの入り口から猫たちがご案内。この仔たちは畑荒らしたりうんちしたりしないから安心。

BANK 映画「東九条」でつなぐこと @柳原銀行記念資料館
差別や貧困を告発する映画のはずだが、真っ先に「楽しそう」と思ってしまうのは三丁目の夕日と同じ構造?

play ground 線のない地図を描く @元崇仁小学校
うーん、ここでやってることってイベントとして成り立っていないものが結構あるんだけど、地元の人とうまくやっていけてるのかなあ。

池大雅 天衣無縫の旅の画家 @京都国立博物館
これもやたら外国人率が高い。海外では人気らしいんだけど、、、でも、まとめて見ると思ったよりずっと面白かったので、やはり大規模個展というのは大事。

新鋭木版画作家展 @ギャラリー恵風
ぐり友里展
上村淳之展 浄土に遊ぶ @高島屋京都店

北海道展によって週末終了。