2017年10月20日

キルティプル

キルティプルはカトマンドゥの南西の丘の上にある古い町。大きな道路が丘のふもとにできたため商店などはそちらに移り、町並みは中世の香りを残したまま今に至る、ということらしい。
車止めから長い階段を上っていく。

やっと町の入り口に到着。さすがに見晴らしは良い。
硬い岩盤の上に町ができているため、地震の被害は少なかった。ということになっているが、それなりには壊れている。修理中の家も目立つ。






家を建てる段階で鳥の巣を作ってしまうことも多いらしい。


仏教とヒンドゥー教とが混在しています。同じ家で1階と2階が別、という建物もあった。
ネパールでは日曜日は平日なので、昼間に町に残っているのは女たちと年寄りばかり。


店は移ってしまった、といっても生活必需品を売る店は残っています。




バグ・バイラヴ寺院


お堂の中には異教徒は入れないのだが、ご本尊はこんな顔らしい。




有名なガンガーの出産の像。写真を見てもよくわからなかったが、
横たわっています。3方に立っているのはブラフマー、シヴァ、ヴィシュヌの3神。


別に立派な寺院でなくても、あちこちに祠がいっぱい。
結構信者がついていそうです。
北西の峰の上にあるウマ・マヘシュワール寺院。
キルティプルの町が一望できます。
ここからだと外輪山の西端はすぐそこ。



ここの本尊はシヴァとパールヴァティーの夫婦。



ほんとにわんこだらけです。





建物に腰かけているのは年金(というより一時金に近いようだが)をもらうために並んでいるお年寄りだとか。






南東の峰にあるチランチョ・ビハール。
この日は滞在中で一番天気が良かった。夜からはずっと雨交じりだったので、結構貴重な画。
愛を語らう高校生?サボりかな?青春だなあ。
左手の山の上にあるのは昨日行ったスワヤンブナートの仏塔。
おまけ、ふもとに移動遊園地が来てました。これもお祭りの一環らしいです。